グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 利用案内  > 茶室の利用案内・受付状況

茶室の利用案内・受付状況

茶室 清羽亭のご紹介

自然素材を生かして、京都数寄屋大工と尾張大工の親密な協力によって造り上げた本格的な数寄屋建築の茶室です。母屋にある広間と二つの茶室、中州の上の立礼席があり、茶会・歌会などに広く利用できます。

茶室清羽亭 紹介ページを見る


利用料金

茶室名大きさ 人数 利用時間
昼間
(午前9時30分
 ~午後4時30分)
午前
(午前9時30分
 ~午後0時30分)
午後
(午後1時30分
 ~午後4時30分)
一の間十畳15名6,000円3,600円3,600円
二の間十畳15名6,000円3,600円3,600円
澄蘆二畳と3/4畳7〜8名4,000円2,400円2,400円
汲江軒四畳半7〜8名4,000円2,400円2,400円
立礼席椅子席20名6,000円3,600円3,600円
全室撮影や、30名以上での利用は
全室利用をお願いします。
26,000円15,600円15,600円

・清羽亭の全室利用が必要な撮影については、こちらからご確認ください→園内撮影について
・図面や、各部屋の内観はこちらからご確認ください→清羽亭 平面図
・利用時間は厳守してください。準備と片付けに要する時間も含まれます。

利用申請方法

◎利用申請の受付は、白鳥庭園正門窓口にて行います。
 お支払いも同時に行っていただきますので、ご利用料金をお持ちください。
 会社名で申請される場合は、会社の代表者氏名・生年月日の記入がありますので、分かるものをお持ちください。

◎毎月の月初めに、6ヶ月先の月の利用申請の受付が始まります。(例:4月最初の開園日に10月分の受付)
 空き状況については、このページ下部の「受付状況」からご確認ください。
 ※「受付状況」は毎日更新していますが、申請受付から更新までに時間がかかる場合があります。

受付開始日の午前9時00分〜15分の間にお越しの方は、先着順でなく、抽選となります。
(※平成30年/2018年8月1日(平成31年/2019年2月の利用申請分)からの運用ルールです)
利用申請書をご記入の上、午前9時15分に抽選を行い、結果順に申請の受付を行います。
1グループにつき1名(1票)、申し込みできる日にちは1件(1日)となります。
(※令和2年/2020年9月1日(令和3年/2021年3月の利用申請分)からの運用ルールです)
※同じグループで複数名の申し込みが発覚した場合、ご利用をお断りする場合がございます。


◎受付開始日の9時15分を過ぎてからお越しの方は、先着順に受付を行います。

※撮影等でご利用になる場合は、事前に打ち合わせが必要です。お問い合わせください。

還付請求(キャンセル)について

1 台風などにより、利用不可になった場合(白鳥庭園が閉園)は全額還付
2 利用中に地震襲来の場合
  ・利用時間が半分以下の場合は全額還付
  ・利用時間が半分以上の場合は全額還付不可
3 利用者の都合により利用申請の取り消し及び利用日や利用場所の変更(※)
  利用日の14日前までに申し出た場合は半額還付
  ※利用日や利用場所の変更は、新たな利用申請が必要になります。
4 白鳥庭園に関する工事により、施設の利用を禁止した場合は全額還付

【還付申請に必要なもの】
印鑑(朱肉を使用するもの)、領収書、使用許可書

※還付が発生しない場合でも、利用者の都合で利用を取り消す場合は、必ずご連絡ください。

受付状況